HOME > 会社案内 > 沿革

沿革

沿革

1974年2月 赫 勲男 化学工業薬品の製造・販売業として株式会社甲陽を設立。
1976年7月 甲陽ケミカル株式会社に社名変更。
1988年10月 赫 勲男 三栄工業株式会社の代表取締役を兼任。
三栄工業を甲陽ケミカルのキトサン関連の生産会社とする。
1990年4月 三栄工業の境港新工場の一期工事完了、製造開始。
1998年3月 グルコサミンの生産技術を確立し、原料および 健康食品の販売開始。
2001年7月 三栄工業株式会社を吸収合併。 資本金80,875千円となる。
2004年12月 鳥取県境港市竹内団地にグルコサミン工場を竣工。
2005年9月 赫 太郎 代表取締役社長就任。
2005年11月 日本健康食品規格協会(JIHFS)より「原材料GMP」の認証を第一号企業として取得。
2006年3月 品質マネジメントシステムISO9001:2000を全社で認証取得。
2009年2月 境港工場内に、境港水揚げ国産原料を使用したグルコサミン、
N-アセチルグルコサミン工場を竣工。
2010年12月 コーヨーキトサンシリーズ、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の安全性自主点検認証取得。
境港工場隣接地にグルコサミン精製新工場を竣工。
2011年8月 コーヨーグルコサミンシリーズ、公益財団法人日本健康・栄養食品協会の安全性自主点検認証取得。
2014年3月 グルコサミン工場で食品防御を含む食品安全規格FSSC22000の認証を取得。
2016年1月 第3回食品産業もったいない大賞農林水産省食品産業局長賞受賞。
2016年10月 日本水産株式会社より境港工場の譲渡を受け、キチン・キトサン事業を継承。
2016年10月 キトサン工場で公益財団法人日本健康・栄養食品協会より「原材料GMP」認証を取得。
■原材料GMP(グルコサミン境港工場・グルコサミン工場)
食品原材料GMP

■原材料GMP(キトサン工場)
■FSSC22000(PJR―UKAS)(グルコサミン工場)
PJR―UKAS

Copyright (C) 2014 KOYO CHEMICAL CO.,LTD. All Rights Reserved.